村山大島紬

絹織物として国の伝統的工芸品に指定された村山大島紬は、板締染色と手織りが特色です。全作業工程は手作業で行われ、細分化すると40工程にもなるといわれています。   昭和42年に「東京都指定無形文化財」に、昭和50年に「通産大臣指定 伝統的工芸品産業」に、昭和57年に「東京知事指定伝統工芸品」に登録されました。現在は、着物はもとよりネクタイ・ペンケース・きんちゃく・小銭入れなど様々な紬製品が作られて販売されています。